皆さんもよくご存知の某ハンバーガーチェーン店が挑戦した企画について。

この企画の目的は?

・お客様をお待たせしないための、スタッフの意識向上
・お客様にも待っている時間を楽しんでもらうためのサービス精神
・挑戦失敗の場合には罰ゲーム(商品の無料提供)という遊び心
・上記は、再来店への種まき などなど

企業側がこの企画に込めた思い(狙い)はいろいろあるのだと思います。


ただ、一消費者としての感想を述べれば、実にお粗末な企画だったように感じます。

企業側(特にブレーン連中)の自己満足的な企画に思えてなりません。


私はここのハンバーガーが大好きです。

だから、余計にそう感じたのかもしれませんが・・


普段、よく利用しているお店は、いつもたくさんのお客様がいらっしゃっています。
それでも提供時間も早く、接客も丁寧、何より商品の質が非常に高く、感動ものです。

ほかのお店とは段違い!
パンはふわっとやわらかく、いつもアツアツの状態です。

しっかりとしたマニュアルに沿った商品の提供ですから
本来なら全国どのお店に行っても同じ味のはずですが

最後はやはり「人」の力なのだと、実感させてくれるお店でした。

たかがハンバーガー、されどハンバーガーなのです。

たった一つのハンバーガーでも
作る人の「おいしく食べてもらいたい」という気持ちが伝わってくるものです。



そこへ、今回の60秒企画。

さすがのこのお店も、本部からの指令には逆らえませんよね。

結果、提供時間は以前より早くなったかもしれませんが
接客や商品の質は以前より劣ってしまったのが現実です。



この企画がもたらした結果とは、何だったのでしょう。

現場で働くスタッフは、日々、何を感じていたのでしょう。

おそらく、やりきれない思いだったような気がしてならないのです。


「お客様&現場スタッフの思い」そっちのけの、企画ありきの販売計画も考えモノですよね。



また、あの美味しさに出会える日がくるといいなー。





感謝

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。


今年は、がんばって、1ヶ月に2度はブログを更新しますよ!
(うーむ、誰からも頼まれてはいませんが・・)


そして、もうひとつ、今年の目標があります。


どんなときでも、感謝の気持ちを忘れないということです。


そうです、当たり前のことなんですけどね。


まだまだ未熟な私は、大変恥ずかしいことですが
相手の人格を見て、感謝する気持ちが失せてしまうという
とてもアホな人間でした。


人としてどうよ!と思った瞬間に、
その人への感謝の気持ちなんて1mmも持てなくなっている自分に気づいたのです。

そんな私のほうが、人としてどうよ!です、まったく。



クアトロの社長さんを見ていると

お仕事をいただいているお客様へはもちろんですが、
お仕事をお願いしている印刷屋さんだったり、
コピー機をメンテナンスしにきてくれる人だったり、
エアコンを直しにきてくれる電気屋さんだったり、
コンビニの店員さんだったり・・

あげだしたらキリがありませんが、いつもいつも感謝しているんです。


それをとなりで見ていたら、自分のおろかさを思い知りました。情けない限りです。



感謝って、何かがあったときに「する」ものじゃないんですね。

ずーっと、どんなときにも自分の中に「感謝」の気持ちがあって

それをときには口に出して「ありがとう」と言葉にすることもあるだけのこと。

ようやく、意味がわかりました。


いやー、それにしても、今頃になって、ようやく感謝の意味を知るなんて
ほんとスミマセンって感じです。


今年は、もう大丈夫ですから~











4.jpg

今日はクアトロの社長さんのこと。

今年もそろそろ終わりますが、日々思うんです。
クアトロで仕事させてもらえて、私は幸せだなーって。

もちろん仕事ですから、楽しいことばかりではありません。
というより、どちらかといえば、ツラいことの方が多いです。


でも、「うちの社長スゴイなー」って思うのは


そのツラいことを、毎年毎年あきもせず(?)、必ず用意してくれていて
そして、必ず最後は自分の力で乗り越えさせてくれるとこです。

ま、ツラいことというか、成長するための課題ですね。それを階段に例えるなら

いろんな高さの階段を用意してくれてます。

軽々登れる段もあれば、どんなに助走をつけてもなかなか登れない段もあります。

  ここで大事なのが、ハードルじゃないってとこ。階段なんです。
  ハードルだとただの障害物になっちゃうでしょ?それってただの意地悪じゃーん!!ってね。
  でも階段だと積み重なっていく。


特に、今年最後に用意されていた段が、ものすごーく高かったんです。
そんなもん、絶対無理やゎって感じ。


ところが、社長、何も言わずに、ただひたすら私が登るのを待っててくれました。
そう、耐えに耐えてくれました(笑)


途中、何度もあきらめかけ、実際に社長にも
「もう私には無理!」と八つ当たりもしたにもかかわらず・・(スミマセンでした)


そして、なんとかもうちょっとで登りきれそうな感じです。

こうやって私はどんどん成長していくのでした。(私もスゴーイ!!)



ところで、すっかり年末ですね。
世の中の会社では、大掃除、忘年会ですね。

実は、クアトロでは大掃除も忘年会もしません。

なぜかって?

それは、クアトロのモットー「当たり前のことを当たり前に」

日々が大事だからです。

毎日、掃除をする。
毎日、お疲れさん!をする。

といっても、毎日どんちゃん騒ぎしてるわけじゃないですよ。

一日をきちんと生きるということです。

失敗したときには、一緒に反省し、次はどうするかを考え
めっちゃ頑張ったときには、よく頑張った!とほめてくれ
何もなかった日も、一日の最後は、必ずお疲れさん!

だから、一日をきちんと終わらせ、新しい日を迎えられるんだと思います。


ほんと、感謝です。


そして


世の中の働いている人たちが皆、幸せだなーって感じているといーなーと思うのです。














今日は祝日ということもあって、福井県にも観光客の方がたくさんいらっしゃていたようですね。

お昼ご飯を食べに出かけたとき、何を食べようか迷っていて
市内を車でウロウロしてしまったのですが
そのときに偶然に「ヨーロッパ軒本店」の前を通りかかって、ビックリ!!

お店の前には行列ができていました。県外ナンバーのバイクも並んでたりして・・

へぇ~、福井でもこんな光景あるんだぁ!なんて感心しながら

でも!私たちは、クアトロ認定のいつものお店「ヨーロッパ軒○○分店」へと向かいました。

ヨーロッパ軒といえば、福井のソースカツ丼発祥で有名ですが
クアトロ認定はBランチ!

大好きなメニューがワンプレートになっていて、とっても美味しいんです。
組み合わせはお店によって違うらしい・・

ソースカツが2枚、ハンバーグ、目玉焼き、ハム、ケチャップスパゲティ、
ポテトサラダ、山盛りの千切りキャベツ、トマト。

Bランチ.jpg

こんなに一皿にのっかってて、1,050円はうれしい限り!


そして何より、いつ食べても、期待を裏切らない味。
ひとつひとつを丁寧に作っているのが伝わってくるんです。

たしか、ここのシェフはおばさんだったような・・?


とにかく、愛情たっぷりのBランチ、きっとほかのメニューもおいしいんだろうな~



福井人にはお馴染みの「秋吉」。

純けい、串かつ、しろ・・・
好きな串を好きなだけ食べることができるやきとりの名門。

秋吉2.jpg

県内にはいくつもお店があるが(もちろん県外にも何店舗かはあるようだが)
その中でも、ズバ抜けておいしい店がある。

そして、その店の中でも各持ち場の最高のスタッフが揃ったとき
(クアトロではオールキャストと勝手に呼んでたりする)
至福のときを過ごすことができる。


秋吉の代名詞ともいえる「純けい」といえば、肉質が硬く歯ごたえがあるのが特徴だが
その「純けい」でさえ、ふっくらと焼き上げるプロがいる。

肉はふっくらと、皮の部分は表面はカリっと
でもほどよい脂を残しながら、とても味わい深く
とにかく極上のステーキくらいにおいしい!


そして、子供にも大人にも人気の「焼きおにぎり」にいたっては
ご飯の炊き方からして、他の店とは比べ物にならない。

秋吉の「焼きおにぎり」は型を使って整形されているが
飯粒の一粒一粒をつぶさないのはもちろん
型に入れるときに、空気も上手く含ませているのか

焼かれたおにぎりのお腹は少しふくらんでいて
真ん中から割ると、中からふわ~っと湯気が立ち上がり
まるで炊きたてのご飯のような感じだ。

(すみません、ご飯好きな私としては、ついつい熱弁をふるってしまいました;)



とにかく焼き場、揚げ場、ドリンク、どの持ち場を見てもプロが揃っている。

そこには一本一本を丁寧に焼く姿があり、その表情からは
「おいしく食べてほしい」という思いが伝わってくる。


食べてるとき、食べ終わった後、笑顔になれる店。



よろしければ、こんな視点での秋吉もご堪能くださいな。


もともとQUATRO視点で好き勝手に書いているブログではございますが
さらに輪をかけて、勝手に「QUATRO認定」始めます。



新しいお店がOPENしては、なくなり・・
そのサイクルがどんどん早くなっているように感じる今の時代。


堂々と王道を行くお店もあれば、奇を衒った小手先だけのお店もあれば、
そこで働く人々もさまざまです。


私たちの心に響いてくるのは、やはりそこで働く人の心が本物であるとき。


「当たり前のことを当たり前にする」ことが
どれほど難しくて、どれほど素晴らしいことかを
改めて教えてくれるお店や人に出会うことがあります。

そんなお店や人に出会えたときの幸福感を

お伝えしていくのが「QUATRO認定」です。


認定.jpg








カフェ.jpg


いつもお世話になっているクアトロのお客様、仲間たちのための
カフェミーティングの場として
毎月、第2・第4土曜日のAM10:00~PM2:00のあいだ (短っ;)

普段は、オフィスですがカフェスタイルに変身!

カジュアルにミーティングができるような
スペースとしてお使いいただければ幸いです。


      というか、オーナーの個人的趣味?・・・ (ふっ)



ちなみに、本日のご来店は1名様。

ホームページの更新についてのお打ち合わせ、無事終了。
ありがとうございました。




食の王道

安くて美味しくて

私たちの生活の中で「食」はとても重要。


いつもの美味しい料理が食べたくて、その店に行ったのに・・・

同じ素材を使っていても、作る人によって、料理は変わってしまうものですね。




心でしょうか。




ハート.jpg



ちなみに、王将の餃子のたれにできた「ハート」です。


もちろん、王将○○店は「QUATRO認定店」ですぞ。

今年春頃、ご愛読いただいておりましたマガジンQは、パワーアップして再びお届けするために

只今準備中です。

 

q1.jpg

 

形を変えて(?)お届けします。

ご期待ください。

 

本日のQUATRO'sランチは

セブンイレブンの「インド風チキンカレー」158円

 

ヘタな洋食屋のカレーより美味しかったりする!

 

チキンカレー.jpg

 

パッケージどおりのカレーが食べられますよ!

具も大きめ、量もこんな感じで、ルゥはサラサラしているけど、スパイスが効いてます。

 

あまりの美味しさに、写真とるのを忘れて食べ終わってから

「あ・・・っ・・・」 って。